2013年12月27日

1万時間の話。


今年、自分で言うのもなんですがカイロのスキルが確実に上がったのが分かる。
何で、この1年?なのかと・・・まぁ毎日やってればそんな時もあるのかな??
ぐらいに思っていた。

先日、マルコム・グラッドウェルの「天才」と言う本を読んだ。
成功者は最低1万時間以上の時間をスキルを磨くことに費やしている。
作曲家、バスケットボール選手、小説家、ピアニスト、チェスの名人、大犯罪者に至
るまで、どの調査を見てもこの数字が現れる。
ビツ・ゲイツもビートルズも早い時期に、この1万時間を超えている。

この1万時間・・・自分の仕事に置き換えみた。

治療時間は30分の枠を取っているが緩和操作(筋肉を緩めるマッサージみたいのもの)
を除き矯正の関する時間だけを考えると約10〜15分ぐらい。計算すると、ちょうど
今年に入ってからが1万時間を超えたようだ。

「1万時間の法則」は案外本当かも!!

因みにボディビルも平均週4〜5日、一回1時間半のトレーニングと考えると、この
34年間で1万2千〜3千時間ぐらいですね。
トレーニングを1万時間超えると・・・あっちこっち痛める(苦笑)・・冗談ですが、
変化と言えばトレーニングの時間と頻度を落としても効果は変わらなくなった。

そう考えると1万時間と言うのは途方もない時間・・1日8時間休みなくスキルを
磨くことに費やしても3〜4年はかかる。

来年は技が冴えるかもね(^^)v

DSC_0006.jpg






blog-banner01.gif
posted by koudou at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83196525

この記事へのトラックバック