2021年03月17日

要注意の腰痛


腰痛は非特異的腰痛と特異的腰痛があります。
原因が特定できないもの(非特異的腰痛)・・85%

原因が特定できるもの(特異的腰痛)
・腰椎椎間板ヘルニア・・・4〜5%
・腰部脊柱管狭窄症・・・4〜5%
・腰椎圧迫骨折・・・4%
・感染性脊椎炎やがんの脊椎移転
大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患
・・・1%未満

でも実際はヘルニアがあっても脊柱管狭窄が
あっても無症状は結構あります。
ですから特異的腰痛はもっと少ないと考えられる。

ほとんどの腰痛は心配はいりませんが・・・。


でも下記の場合は整体、整骨、マッサージ、カイロ
に行くより先にまずは整形外科を受診しましょう。

夜間痛
横になっていても痛む、だんだんと痛くなる。
内臓疾患、腫瘍の疑い。
注意:朝起きたとき痛いとか日中痛いのは筋肉性の腰痛。

足(脚)の痺れや痛み
坐骨神経・ヘルニア・狭窄症
放置は運動神経・排便排尿に障害

腰痛と他の症状。
37.5℃をこえる発熱。
下痢、腹痛などの消化器症状
排尿時の痛み、残尿感、失禁など泌尿器系の症状
おりものや腹痛など婦人科系の症状。
拍動を伴う腰痛。


4216490_s.jpg






sakuramb.png
posted by koudou at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188496880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック