2021年01月12日

湿布や痛め止めよりカイロ。


昨年の9月に痛めた右肩も超音波治療器を
使い随分と楽になったけど1月になり気温
が下がるとちょっと痛む。

筋トレ前のウォーミングアップに時間をか
けると痛みなく動けるが、これが結構時間
がかかる。

なのでカイロを肩に貼った。
するとウォーミングアップも少なくていい
し、かなり楽になる。
もちろんトレーニング時は外します。

肩でも膝でも腰も、お風呂上りが楽とか、
起床時は強張るが動き出すと楽になる。
そんな方はカイロがオススメ。

筋トレで慢性的に肩や腰を痛めている人って
最初は痛むが、終盤のセットは痛くなくて、
翌日、また痛い人が多い。
そんな筋トレ好きな方にもカイロはオススメ。

湿布(温湿布も)や痛み止めテープの成分
はインドメタシン、フェルビナク、ケトプロフェン
などで、いわゆる消炎鎮痛剤で血液循環を低下
させて一時的に痛みを止めようとする。
でも、これはかえって治りを遅くする。

湿布など貼っても”何となく楽なような気がする”
程度だと思います。
でもカイロはすぐに実感できます。
とくに寒いこの時期におススメです。

カイロを外す目安は「暑い」と感じたとき。
真夏でも血液の循環が悪いと暑いと感じません。

是非、お試しください。













sakuramb.png
posted by koudou at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188300733
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック