2021年01月07日

股関節を柔軟にしましょう。


年齢を重ねると股関節の屈曲が徐々に制限される。
年を取ると歩幅が狭くなるのがコレ。

股関節の動きの振幅の減少は腰椎(腰の骨)で相殺
される傾向がある。

つまり股関節が固くなると腰痛を起こしやすくなる。
腰のストレッチも大切だけど股関節の柔軟性を保つ
のも重要。

方法は。
@仰向けに寝て一方の膝を曲げて上半身の方向に
持っていき、そして片膝を両手で抱えて更に曲げる。
今度はその膝を外方向や内方向に向けて曲げる。

Aあぐらの姿勢で両方の足裏を併せて、かかとを身体
に引き寄せる。

B壁の前で仰向けになて、お尻と脚を壁につけて、天井
に向かって脚を伸ばす。そしてゆっくりと脚を開いていく。

C立位から、足を前後に大きく開いて深くしゃがみながら
前の脚を曲げる。

上記は基本的な股関節のストレッチですが検索すれば、
たくさん出てきますので是非やってください。

骨と骨の間の椎間板も加齢に伴い弾力性が失われます。
その防止にもストレッチやバーにぶら下がるのは有効。

追伸。
身体の柔軟性が失われると
「心」も「頭」も
固くなります(^^ゞ













sakuramb.png
posted by koudou at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188286486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック