2020年12月29日

アゴの痛みを自分でなおす。


カイロプラクティックでは顎関節の矯正法は
もちろんあます。アゴの関節をアジャストし
ますがアゴだけ調整しても戻りやすい。


アゴが固定と考え直すと口を開けると頭蓋骨
が上を向く。同時に首の骨が伸展する。
そう考えると後頭部の関節や首の骨を矯正す
るといい。

有名なカイロの先生に、そう教えてもらった。
確かに頭蓋骨の後ろの関節や頚椎を調整すると
アゴの動きがスムーズになる。



そこで自分で出来る方法。

まず、口を大きく開閉して動きを確認。
少し引っ掛かるとかコリッとなるなら

頭の後ろで指を組む。
(腹筋運動するときのように)
後頭部を挟むように左右から強く圧迫
する5秒間ぐらい。

5秒間の圧迫のあと、口を開閉してみると、
たいていスムーズに動く。
軽いアゴの引っ掛かりなら治る。

試してみて。






sakuramb.png
posted by koudou at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188261060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック