2020年12月19日

テロメアが短くなると老ける?


※ウィキペディア(Wikipedia)
テロメア (telomere) は真核生物の染色体の末端部
にある構造。染色体末端を保護する役目をもつ。
テロメアは特徴的な繰り返し配列をもつDNAと、
様々なタンパク質からなる構造である。

テロメアはその特異な構造により、DNAの分解や修復
から染色体を保護し物理的および遺伝的な安定性を保
つ働きをする。

テロメアが一定長より短くなると不可逆的に増殖を止め
細胞老化と呼ばれる状態になる。細胞老化は細胞分裂を
止めることで、テロメア欠失による染色体の不安定化が
起こることを阻止し、発ガンなどから細胞を守る働きが
あると考えられている。

老化した動物やクローン羊ドリーではテロメアが短かっ
たことが報告されており、テロメア短縮による細胞の老化
が、個体の老化の原因となることが示唆されている。

以上がWikipediaからの引用。

image202012.jpg


分かっていないことも多いようですが、テロメアが短く
なると老化のスピードがはやくなる。
当然、免疫力も落ちるるので身体への影響は大きい。

テロメアはさまざまなストレスで切れて短くなる。
怒ったり、カリカリ・いらいら・したり恐怖でブチビチ切
れるそうです。

怒るのはやめましょう。
イライラはやめましょう。

バカを相手に口論などすれば
例え論破しても自分のテロメアを犠牲にすることになります。

TVのニュースや報道番組は基本、ネガティブな内容です。
その方が視聴率が上がるからネガティブオンリー。
TVを見るのはやめましょう。

自分のテロメアを大切にしましょうね〜。






sakuramb.png
posted by koudou at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188232907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック