2020年09月18日

血圧のお話

コレステロールと血圧のブログで血圧の話
は書きました。


順天堂大学医学部名誉教授、奥村康先生は最
高血圧の見直しは血圧降下剤を売りたい製薬
業界の意図があるのでは?という見方もでき
ます。

と遠慮がちに書いておられます。


けど東大卒、中央大学教授の武田邦彦先生の
本には高血圧を下げる薬を売って得をする
のはお医者さんと製薬会社です。と、はっき
り言ってます。

最高血圧160mmHgのときは降下剤の販売市
場は3000円億円。それが最高血圧の正常値
を140mmHgに下げると6000円億円となり2014
年時点でのガイドラインだと1兆円を超えた
そうです。

血圧の基準を厚生労働省が下げれば下げるほ
ど高血圧患者が増え製薬会社が儲かる仕組み。

基準値を下げることで日本国民の半分が高血圧
になってしまった。

年齢に関係なく一律に基準が同じなのはおか
しすぎる。血管が柔軟な若い人と違い年を取る
と血管の柔軟性が減るので血圧が上がるのは当
たり前。

現在では130mmHg以上が高血圧だそうです。
以前の基準値は(年齢+90mmHg)

ほんとに何を信じていいのか分からない時代
ですね〜〜。







sakuramb.png
posted by koudou at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187931099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック