2020年09月11日

寝るときは上向き、横向き、うつ伏せ?


寝るときは上向きがいいのですか?とよく聞か
れます。検索したり本を読むと色々書かれてい
て何が本当かわからない。

2514611_s (1).jpg



多分正解はないと思います。


例えば腰痛のとき上向きが痛くて横向きが楽!
そんな場合は横向き。

五十肩で痛いときは痛む側を下にすると悪化す
ることがあるので逆で寝ましょう。

首が痛くて腕が痺れるときは痛くない体勢を探
る。上向き、横向き、高い枕、低い枕とやって
みる。

腰痛でも肩こり、首の痛みなど治ったら上向き
でもうつ伏せでも好きにすればいいと思う。

人は寝ている間に寝返りを何度もします。
それは体の同じ部位に体重の圧がかかり続ける
のを分散するため。

脊椎動物で上向きで寝るのは人間だけで、以前
読んだカイロプラクティックの本にも脊柱は敏
感な部分なので上向きは良くないと書いてあっ
た。

日本で最も名の知られた医師、日野原重明先生
もうつぶせ寝を推奨されていた。

結局は自分が一番寝やすいスタイルがいい。



僕はうつ伏せ派です。

569790 (1).jpg









sakuramb.png
posted by koudou at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187901919
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック