2020年06月23日

お腹を大切にしましょう。


胃から肛門までの1本の管が「消化管」で小腸
は十二指腸、空腸、回腸をさし全消化管の75
%をしめる消化の中枢。

大腸は食べかすの水分吸収、食物繊維の発酵。
小腸は大腸よりも精密な役割を果たしています。

1998303_s.jpg

小腸は発がん性物質の分解酵素が大腸よりも
強く働く免疫細胞が活発。小腸ではリンパ球
細胞が密集していて体の有害な物質を攻撃し
てくれる。

また小腸には1億個の神経細胞があり、それ
らは脳の神経細胞とほとんどつながていない。

脳の支配を受けていない!脳の支配を受けて
いないので脳のストレスを受けにくく、また
免疫細胞が活発なので小腸はがんになりにくい。

脳や脊髄からの指令がなくとも反射を起こさ
せる内在性神経系を持っている臓器は腸だけ。
理由はわからないけど小腸はそれだけ重要な
臓器で免疫系のコントロールにも小腸は密接
に関わっている。

カイロプラクティックから小腸の神経支配を
みると胸椎の9〜12番辺りで「胸腰移行部」
といいます。背中の骨と腰の骨の移行部分で
普段の生活や運動で常に物理的なストレスが
かかる部分。

当院に来られる方でここに問題がない人は、
ほぼいない。またここは検査では必ずチェッ
クする箇所です。


ここをカイロプラクティックアジャストで、
ポリ、ポリっ!って動かすと


めっちゃ気持ちいいです。

そして小腸や大腸が喜んで

免疫力が

3253443_s.jpg







sakuramb.png
posted by koudou at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187626600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック