2020年06月18日

「いい人」はやめて、健康管理も適当に!


明日の19日から県境を越えての移動が解禁
だそうですね。当院に来られる方は比較的
コロナに対して楽観的とまで言わなくても
悲観的な人はいません。

まぁ極端に悲観的な人はいまだに外出を控
えているでしょうから当院には来ません。


こんな話があります。

楽観的な人の方が悲観的な人より長生き。

これは「性格と健康」についての調査で
たくさの調査報告がある。

心理学者のハンス・アイゼング博士の研
究や同じく心理学:リディア・テモショッ
クの調査では癌になりやすい性格が分かっ
てきた。

怒らない、不安、悲しみ、恐れなどのネガ
ティブな表情を表さないー感情を抑える。

仕事、家族などの人間関係で忍耐強く、控
え目で協力的ー周囲との調和を優先する自
己犠牲タイプ。

つまり

いい人

まじめな人




いい人なんかやめましょう!


job_ginkouin.png

健康管理をしっかりすれば大丈夫!
って話も・・実は。


フィンランドで行われた有名な調査。
1974年から15年間にわたり40〜45歳
の生活環境が似ている上級管理職1200
人を600人ずつに分けて追跡調査。

◆健康管理しっかりグループ。
年2回定期的な健康診断を義務づけた。
そして栄養面のチェックを行い飲酒、タ
バコ砂糖の摂取は控える。
適度な運動をさせ可能な限り「健康的」な
生活を送ってもらう。

◆健康管理何もしないグループ。
残りの半分に人には飲酒、喫煙、食事の制
限はなし。自由に生活してもらった。
調査の目的には一切知らせず、定期的に健
康調査票に回答を書き込んでもらうだけ。

その状態を5年継続後、そのあと10年間の
観察期間ののちに集計。

被験者は55〜60歳になっていた。
◆健康管理しっかりグループでは600人中
67人死亡。

◆健康管理何もしないグループでは600人中
46人死亡。

この話には続きがあり、健康管理グルー
プの中で血圧、コレステロール値が高か
った人には、薬を5年間飲んでもらった。

結果は血圧やコレステロール値は下がった
が15年間の死亡者総数で見ると、なぜか
非治療群より多かったという予想を覆した
実験のお話でした。


さて、


これから


どう生きますか!?



ojisan3_question.png







sakuramb.png
posted by koudou at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187608938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック