2020年06月17日

あなたの脳のはなし。

あなたの脳のはなし。
デイヴィッド・ イーグルマン

IMG_8912 (002).JPG


だれもが関心を持ちながら、脳ほど誤解
されているものもない。
・意識があなたの振る舞いを支配している。
・世界に色があるのは当然だ。
・記憶は写真やビデオ映像のようなもの。
・目があれば物は見える。
・脳の半分が失われたら普通の暮らしは無理。
・人間は他人との交流なしで生きていける。

以上、全て間違いです。

色々な症例をあげて脳の構造を解説して
くれます。とても興味深い話ばかり。 




ところで世間ではこれから先もマスクを
当たり前にする気でしょうか?
コロナ騒動の初期では「感染者は無症状
でも飛沫で感染するのでマスクをしまし
ょう」だったが、当初から「無症状の者
が他人にウイルスをうつすことは今迄の
感染症の常識ではありえず、それは新型
のウイルスでも同じこと」

と言っている
医師たちの意見は無視され続けたのは


なぜ?


内海医師によるマスク不要論もこのブログ
でかきました。
ブログはこちら

【以下の内容】
結論から言えばマスクはお勧めしません。
マスクは予防にはならない。
ウイルスは素通り
ツバを止めるだけ
暖かい時期は細菌繁殖
呼吸困難にさせる
そもそも殺菌でウイルスは防げない



この本の話に戻ります。


この本の第5章より。


こんな実験があります。
被験者に笑顔やしかめっ面の写真を見せると
被験者自身の顔の筋肉が微妙に動く電気活動
を測定するとができた。

これはミラーリングと呼ばれるもので無意識
に自分の顔の筋肉を使って、自分が見ている
他人の表情をまねる。筋肉の動きはごく小さ
いので見た目には分からない。

私の顔の筋肉は私が感じていることを表わし、
あなたの神経機構はそれを利用する。
あなたは私の感じていることを理解しようと
するとき、私の顔の表情をしてみる。

あなたはそのつもりはなくて、瞬間的に無意
識に起こることだが、この表情の自動ミラー
リングのおかげで、あなたは私が感じていそ
うなことを素早く推定できる。これはあなた
の脳が私をより深く理解し私がやることにつ
いてうまく予測するための効果的な芸当である。


マスクをしたままで本当
のコミュニケーションがとれるのか?

マスクをずっとすることの悪影響
は想像するよりきっと大きい。






sakuramb.png
posted by koudou at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187606267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック