2020年03月24日

ヒトは数値に弱い!?コロナ検査

脳科学に詳しい池谷裕二氏の
本から引用です。
おもしろいので要約して書きます。

a5589aa547fc7e309cbf77e763d9883f_s.jpg

例えば1万人に1人が感染する
致死率の高い病気があったとします。
ある製薬会社が「信頼度99%」
という高い検出力を検査法を開発
しました。

この病気に感染していたら99%
の検出力で陽性が出て1%のエラー
がでます。

もし検査の結果が陽性だったら
99%の精度なので陽性は確実
ということになるのでしょうか?

感染する確率が1万人に
1人だと冷静に考えると100万人
で100人の感染者がおり信頼性
が99%なので100万人中99人が
陽性と判定される、

でも

100万人のうち感染していない
人は99万9900います。この
非感染者の1%が陽性として誤っ
て判定される。

つまり

9999人は感染していないのに
陽性となる。

まとめ。

100万人を99%の信頼度で検査
すると99人+9999人、トータル
10098人が陽性となる。
しかし10098人のうち本当に
感染している人は99人しかいない。

ヒトの脳は数値を直感する力が
弱い傾向にある。

最後に。

信頼度が高い検査が存在して、
例えば感度を99%、特異度
を99%として計算しても
偽陰性は9.62人出てしまいますし、
偽陽性は27.38人出てしまいます。


実際に99%の検査はない
みたいですが・・・。




image0011111111.jpg


sakuramb.png
posted by koudou at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187306117

この記事へのトラックバック