2020年03月14日

笑いは免疫力を上げる。


たまたま治療院の3階書庫を見ると10年前に購入した
「笑いと治癒力」を発見。
自分の本の感想だけを書いたブログを見ると下記の
記事を発見。そのままのせます。

笑いで免疫力が上がる話は色々な本に載っています。
この本は笑い+ビタミンCで治癒力を上げ病気を克服
した内容が書かれています。

やはりここでもビタミンCが・・・。


第1章 私の膠原病回復記
第2章 神秘的なプラシーボ
第3章 創造力と長寿
第4章 痛みは究極の敵ではない
第5章 ホリスティック・ヘルスと治癒
第6章 三千人の医師から学んだこと

アメリカのジャーナリズムの巨匠ノーマン・ガズンス氏
自身の体験を語る奇蹟の物語。

1964年、突然難病の膠原病を発症した彼は
専門医から回復の可能性は500分の1と宣告される。
ガズンス氏はウイリアム・M・ヒッツィグ博士の理解
ある協力を得て、当時の医学の常識からすれば
考えられないような方法で病気を克服する。

― その方法は簡単に言えば笑いとビタミンCの大量投与。

笑いは「感性の情報」が中心となる。
この心のプログラムを活性化することで脳、
神経、自律神経系を活性化し治癒力を高める
ことができ、その作用についての説明と症例が
多く載せられています。

この方法を使えば誰でもが同じように難病を克服
できるという訳ではなく彼が主張しているのは
「患者と医師の信頼関係を重視し、患者側も従来
の受身の態度を改め治療における患者の自己責任
を自覚しなければならない」ということです。

もちろん患者自身の強い精神力も必要になります。
笑っていればなんでも治ると言う簡単な話では
ありませんがが心のプログラムがいかに重要
なのかが解るいい本です。





sakuramb.png
posted by koudou at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187270788

この記事へのトラックバック