2019年01月29日

ウエイトトレーニング【理論編と実践編】 著者・山本義徳氏

長年、ウエイトトレーニングを実践して怪我に悩まされたり
停滞期に入り抜け出せない方に特にオススメ!



46069840_1915162335233619_1161684324517412864_o.jpg

〇理論編
第一章:筋発達のメカニズム
第二章:トレーニング頻度を考える
第三章:最適のセット数を考える
第四章:レップスの科学とTUT(テンポのことです)
第五章:最適インターバルは?
第六章:プログラミングの実績
第七章:追い込むためのテクニック
第八章:伸ばしていくためのテクニック

〇実践編
この本では第一章から第八章まで各部位に分けて実際のワークアウトの
画像を載せて細かく解説。また初心者から上級者向きの実際のプログラム
も載っています。

何十年もウエイトトレーニングを行い、それなりに色々な情報も集めて
実践してきましたが、今回は全然知らなかったことばかりで嬉しいやら
悔しいやらで完全保存版に決定!!


で、アスリートのための最新栄養学(上・下)も続けて購入。
これがすごい情報の宝庫。

IMG_4440.JPG

アスリートのための最新栄養学(上・下)著・山本義徳
上巻
part1
第一章:炭水化物とはなにか
第二章:インスリンの働き
第三章:糖化は老化
第四章:食物繊維の働き
第五章:甘味料について
第六章:カーボアップ
part2
第一章〜第三章:タンパク質とはなにか:合成:分解
第四章:プロテインについて 第五章:酵素とコラーゲン
第六章:アミノ酸とはなにか 第七章:BCAAとEAA
第八章:グルタミン 第九章:アルギニンとシトルリン、オルニチン
第十章:その他アミノ酸やアミノ酸類縁物質 第十一章ペプチド
part3
第一章:脂肪とはなにか 第二章:脂肪の合成と分解 第三章:エイコサノイド
第四章:それぞれの脂肪酸 第五章:ケトン体とはなにか 
第六章:糖質制限ダイエットの科学 

下巻
part4
第一章:ビタミンの働き 第二章:ビタミンA 第三章:ビタミンB群
第四章:ビタミンC 第五章:ビタミンD 第六章:ビタミンE 第七章:ビタミンK
part5
第一章:ナトリウムとカリウム 第二章:カルシウム 第三章:鉄
第四章:亜鉛 第五章:マグネシウム 第六章:その他ミネラル
part6
第一章:老化のメカニズムと活性酸素
第二章:活性酸素の除去システム
第三章:代表的なスカベンジャー



「アスリートのための」とありますが、そうでない方にも充分お役に立つ内容。
「バランスの良い食事を心がける」ってよく聞きますが、そのバランスって具体的に説明できませんよね!?
重要なのはバランスではなく栄養素それぞれの「絶対量」であってバランスそのものに意味はない。現代人はカロリー不足はありませんが栄養素不足の人ばかり。

また、1時間も2時間もジムでトレーニングなんて無駄です。
素人に毛が生えた(中には毛も生えてない)ようなアスレチックトレーナーが多いのが現実。
あまり信用できないので、この本でシッカリお勉強してして下さい。








sakuramb.png
posted by koudou at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185457999

この記事へのトラックバック