2018年07月05日

「睡眠こそ最強の解決策である」を読みました。



精神科医の樺沢氏のFacebookで紹介されていたのでAmazonで購入。

33317277_1679285402154648_1962811255546707968_n.jpg

おもしろい内容でした。
例えば
●朝型人間と夜型人間。
朝型と夜型は遺伝によって決まっている。
人間は本来、家族や部族全体で一緒に寝るようになっている。
朝型が夜の9時に寝て朝5時起き。
夜型が夜中の1〜2時に寝て朝の9〜10時まで寝る。
みんなが同じ時間に寝て起きると群れが外敵に襲われる時間は8時間
だが朝型と夜型が存在することで4時間までリスクを減らすことが出来る。

ずっと昔の人間の習性が残っているんですね。

●10代の子供は夜遅く寝て朝は起きれない。
16歳ぐらいになると概日リズム(がいじつりずむ)いわゆる体内時計が
子供バージョンから一気に大人バージョンに進む。
すると夜10〜11時ころの大人が眠たくなるころになても10代の子供の
脳は眠たくならない。
10代は夜更かし朝寝坊の方が脳の発達異常や精神病のリスクが低くなる。


夜型人間とか朝が苦手の学生さんには言い訳?ネタが満載です。

その他、話のネタになる内容がたくさんですよ(^_-)

短い短い睡眠は確かに体には悪いだろうけど、でも世の中にはどうしても短い時間で
目が覚めてします人もいます、そんな人が読めば少々不安になるかも知れない内容です。







sakuramb.png

posted by koudou at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183743606

この記事へのトラックバック