2017年11月30日

仕事もバイクも定年ナシ!


どうしてウエイト・トレーニングを38年以上欠かさないのかと聞かれることがあります。
トレーニングを始めた頃は勿論、ボディービルコンテストに出るためでした。


めちゃマッチョになるぞ!

そう決めて、トレーニング中心の生活になり仕事や人間関係を犠牲にしました。
当時の仲間からすれば随分と付き合いの悪い奴だったと思います(笑)


現在は生活の一部と言えばそれまでですが・・・。


やはり!!



いつまでも元気で「バイクに乗り続けるためです」


いやいや冗談ではなく本気です(苦笑)


今、乗ってるデカいバイクを扱える限り、仕事は楽勝で出来ます(^.^)v



仕事もバイクもいつまでも現役でガンガン出来るように日々やっていること。
ウエイトトレーニング・ストレッチ・バランス感覚のトレーニング・動体視力トレーニング
おまけでブラインドテクニックのトレーニングも(パシャパシャと毎朝、キーボード打ってます)

20171130.jpg


RIDERS CLUBというバイク雑誌を毎月購読していますが、その中で好きなコーナーが
「ネモケンに聞け!」で世界GPにも参戦した根本健さん(私がリスペクトするライダーです)
が読者の相談に答えるコーナーです。

今回(2018年1月号)そのコーナーに書いてありましたが根本氏のようにバイクに乗る頻度が
高い人でも乗車前は体を動かし準備体操をし乗車後は、まずバイクを操る感覚を呼び覚ますため
直進加速や旋回動作など幾つかのバイク操作をするそうです。

それをせずに乗車した後に、ちょっとバランスを欠いた状態に陥ったとき、その日のライディング
に一抹の不安を携えてしまうから・・・これって、よ〜く分かります!

そして普段は関節の可動域を広げるために大きな動作を意識しながらプールで泳ぐそうです。

色々な工夫やトレーニングにより今でもバイクに乗るのがうまくなれている実感がある。


素晴らしい!の一言です。


ちなみに根本氏は1948年生まれで、AHRMAレースに現役で出場しています。
そのレースには根本氏よりはるかに年上の方々がたくさん出場するって!!(@_@)

凄い!


まだまだ頑張れる自信がつきます(^_-)


2018年は


治療技術の腕をもっと上げよう!
バイクの腕ももっと上げよう!









sakurablog.gif
posted by koudou at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181717453

この記事へのトラックバック