2017年07月03日

1400GTRのFOBキーを落とす・・・。

昨日は陽気に誘われ目的もなくバイクに乗り何気なく明石海峡大橋を見たくなり淡路島へ行きました。

暑くて熱中症になるんじゃないのぐらいの蒸し暑さ。
コンビニで休憩すること数回。

まあバイクは乗ってるだけで楽しいので行先はどこでもいいのです。

洲本城へ行きました・・・なんにも無い(笑)




楽しく一日が終わるはずでしたが・・・・。





帰りに問題発生!!!





淡路から高速を乗り継ぐため一度芦屋付近で一般道へ降り交差点を曲がって数秒後に
赤の警告ランプ点滅と同時にパネルに「No Transponder」の表示。



ポケットを探るとFOBキーがない!しまった!落した!!



一瞬、胃のあたりがギュとなる。

Uターンして戻って探してもFOBキーが見つからないし交通量も多いので諦める。

GTRはいわゆるイモビライザーシステムを使っていてエンジンを一度切るとFOBキーがないとエンジンは始動できない。


おまけにFOBキーにはGIVIのトップケースのキーも付けていた。
トップケースには財布と、もう一つのキーホルダー。

そのキーホルダーには家の鍵・仕事場の鍵・ガレージの鍵・各スペアキーを入れてある金庫の鍵を付けている。

自宅に到着前にエンストでもしたらレッカーするしかないが、それでもトップケースのなかのキーは要る。

GIVIのトップケースを壊すか・・と思ったけどそう簡単に壊れそうにはない。

GIVIの鍵を開けるのは無理かなと思いながら東大阪カワサキに連絡すると「開けてみます」とありがたいお言葉。

芦屋付近から東大阪カワサキヘ。
壊すことなく見事に鍵を開けてくれました(感謝)

それは良かったのですが、もちろんキーを開ける作業中もエンジンは切れない。


カワサキ迄でこの日は300km程走行。

嫌な予感が的中!今度は燃料の警告表示(^^ゞ

燃料補給時はノブキーを抜かないとタンクのキャップが開かない。
エンジンを切らないと補給できないってこと。

カワサキから自宅までは43km。
燃費はリッター18kmぐらい・・・なんとも微妙でスリリング。

エコモードに切り替え何とか自宅に到着したのが4時半。
GTRは12時から4時間半エンジンをかけたまま、キーを開ける作業中も、蒸し暑い中アイドリングで30分ほど。

しかし水温は正常←凄いと変に感心(笑)




追伸

FOBキーはIDの枠が6つあり6個までキーが作れます。
この場合だとお値段二万円ちょっと。

6個を超えると新しいIDが必要になりシステムごと変更になるので10万円弱ぐらいらしい(怖い)


これからはFOBキーは首から下げてスペアキーも必ず持って行こうと反省。
貴重品はトップケースではなくサイドの純正パニアケースに入れること。


◎キーを落とすヤツってホントにバカだと思ってました。
どんだけ不注意やねん!って。
でもまさか普段から用心深い自分が走行中に落すとは・・・。


GTRのオーナーの方、気を付けて下さい。











blog-banner01.gif
posted by koudou at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180230964

この記事へのトラックバック