2016年02月16日

ダイエットについて。

ボディービルを36年以上続けてきて減量と増量を繰り返してきた

自分なりの考えを体験を元に書きますね〜。

身長180cmちょっとあります、過去の最高体重量90kg

その時の胸囲125cm、ウエスト80cm。

過去の記録。

ベンチプレス:160kg
スクワット:200kg
デッドリフト:200kg

※公式戦で出した記録ではありません。



現在、体重65kg、胸囲110cm、ウエスト70cmのオッサンです。

workoutは36年間継続中です。

年齢59才、体脂肪7〜10%ぐらい。←体重計での数値ですからアテには出来ませんが。


◎ダイエットについて

春先になるとぼちぼちダイエットの話題などがでます。

夏までにお腹周りをどうにかしたいとか二の腕のたぷたぷをとりたいとか・・。

ダイエットを始めるにはそろそろ、開始時期かもしれませんね。


ダイエットにはそれなりの覚悟が必要ですが<それなり>です。

すごい覚悟がいる訳ではありません。

が、しかし簡単に体重を落とせる方法はありません。


好きな物を好きなだけ食べて痩せるとか、痩せるサプリとかはこの世にありません。

痩せるツボも同様に効果があるとは考えられない。

そんなものがあるなら肥満に起因する多くの疾病に対して医療現場でとっくに使われているはず。




よく聞くのが「○ヶ月で○○kg落す!!」

・・・体重を落とせばいいのですか?


m004-055.jpg


体型はどうでもいいのでしょうか?


よくある「身長に対する体重」なんか意味ありません。

同身長・同体重で体型が同じなんてありえませんから。


体重だけ落して痩せてガリガリで・・それってかっこいい?



多少、体重があっても

・肩幅があって、肩のラインが綺麗。
・背筋が伸びている。
・ウエストがくびれている。
・膝と足首が引き締まっている。
・ヒップが上がっている。

この方が「断然、かっこいい!」


体重を数値的に落としたい訳ではないと思います。

気になるのは体重計の数値ではなく他人からの視線ではなでしょう?


「かっこいい体」になりたいのでは?


体重の数値を目標にするから続かないのです。


かっこいい体型を目標にすればダイエットは続けられます。



かっこいい体型を目指すなら食事制限だけでダイエットは不可能です。

一時的には落ちますが、よほどの食事制限を継続しない限り、リバウンド

は必ずします(また太ります)


厳しい食事制限をずっと続けると「肉体」も「精神」も壊れます。


食べてもいい物と悪いもを判断しましょう。

総カロリー数なんか無視です。


食べる内容が重要。

タンパク質100キロカロリーと炭水化物100キロカロリーが体に与える影響が

同じだと書いてあるブログなども数々見ましたが、今までの経験から考えて

どうも信用できないので、自分で今年に入って色々と試しました。

(理論上の話はどうでもいいから、自分で試してから書いて欲しいですね〜)


タンパク質のみのと炭水化物のみでは全く違います。

炭水化物はやはり体重が乗ります。

人間の筋肉や皮膚、髪の毛や爪などにはアミノ酸は絶対必要です。

なのでタンパク質は最も重要な栄養素。

糖質・タンパク質・脂質のバランスが重要ですが長くなるので、ここでは書きません。

で、

ダイエットには運動はかかせません。

走ったりする有酸素運動よりworkout(筋トレ)の方が断然効果的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ダイエットに欠かせない筋トレ。

ウォーキングなどの有酸素運動だけではダイエットはうまくいきません。
体の筋肉の割合を増やせば熱生産効率が上がります。逆に筋肉が衰えたり活性
が低下すると熱生産が落ち代謝が低下します。

太りにくい体質、リバウンド防止に筋トレは欠かせません。
筋肉は血液中の糖をエネルギーとしていますので糖尿病の予防にも筋トレは有効です。

筋トレは脳の視床下部を刺激し成長ホルモン、性ホルモンなど様々なのホルモンの
分泌を促します。その結果、老化の抑制。免疫力や自然治癒力も向上します


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「いえいえ、筋肉はつけたくないから」と思われるかも知れませんが・・・。

ご心配は不要。

そんな簡単に筋肉は発達しませんから(^_-)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筋肉と言えばボディービルダー(^^)v

(僕もボディービルコンテストには数回出場しました)

彼ら、彼女らはトレーニング法だけではなく生理学、栄養学にも精通しています。

そして緻密な計画を立てて体を変えます。

なので、ボディービルダーはバカでは出来ません。

かなりの知識があって出来上がる体です。

だから、女性の方でworkoutしたからってゴツゴツな体にはなりませんから心配なし。

男性はちょっとは筋肉付けて下さいよ。

今は男性モデルも筋トレしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でね・・。


筋量や筋力が歳と共に落ちるから筋肉の上に付いている脂肪を

支えられなくなり「たるむのです」

二の腕や内モモ、お尻がたれる。

そう、結局、食事制限だけでダイエットすれば細くても体はたるみ

顔のシワも増え、老けて見られます。


10代ならまだ筋肉があるから大丈夫ですが、ある程度の年齢になると確実に老けて見えます。


それなら最初からダイエットなんかしない方がマシです。


やるならworkout(筋トレ)と正しい食事方法。


「体型を変える」


「たるまないようにする」


・肩幅があれば当然、ウエストは細く見えます。

・肩幅があり背筋が伸びれば、これもウエストは細くなりますし顔も小さく見えます。

・太ももの上部に筋肉があれば膝が細く見えます。

・ふくらはぎの上部に筋肉があれば足首は細く見えます。

・お尻に筋肉があればヒップは上がります。

これが出来るのはworkout(筋トレ)だけです。


追伸:無酸素運動の誤解。

1セット40秒以内(ぐらい)が無酸素運動。

ゆっくり、じっくり、しかも1セット1分を超える筋トレならそれは有酸素運動。

有酸素運動で筋肉は発達しません。

じっくりと1分以上かけての腕立てや回数重視で時間のかかるスクワットでは筋肉は増えません。

そして筋肉には48〜72時間の休養が必要。

毎日、同じ部分の筋肉の刺激は逆効果です。


ダイエットは根性でやり抜くものではありません「知識」です。


正しい食事法と正しいworkout(筋トレ)の方法を学びましょう。












blog-banner01.gif
posted by koudou at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174087576

この記事へのトラックバック