2015年11月11日

壊れる心・邪心。読みました。


警視庁犯罪被害者支援課シリーズ。

IMG_1753.JPG

「被害者支援課」とはおもしろい設定だと思いました。

二冊とも事件発生から犯人逮捕に至るまでの流れは意外性もあり一気に読み切りました。
主人公と被害者・被害者家族との心理的なやりとりがとても面白かった。
被害者の登場回数が多いので、事件発生→犯人逮捕・解決までの流れが、ちょっと変わった
趣になり楽しく読めました。

でも、あくまでも犯人が逮捕されるまでの被害者支援が仕事なのに主人公が犯人逮捕の
捜査にここまで介入するなら支援課は独立して作る必要はあるのかと、最初はやや違和感が
ありましたが、主人公が支援課の仕事をはみ出すから作品自体の読み応えが増す!
と、思います。


どちらの作品も主人公が犯人逮捕に「命がけ」で関わるのですが、それに至るまでの話の展開が
「ちょっと焦らされる」感じで堪りません(←いい感じで)

おもしろく読めました。






blog-banner01.gif
posted by koudou at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167597523

この記事へのトラックバック