2015年07月10日

ストレッチのすすめ。


本格的にストレッチを始めて三週間が経ちました。
以前からやってましたが「本格的」ではありませんでした。
肩だけしたり、脚だけしたりでしたが今は手首から始まり足首で終わるパターンで
全身伸ばしまくってます(^^)v

ストレッチの本には筋肉のこわばりが解せるので血液循環が促され冷え性が解消されたり
コリも楽になると書いてます。

ホンマかいなと思いましたが・・。
この本です。ストレッチ・メソッド。

10450939_836337729782757_5883468084425566883_n.jpg

著者は東京大学教授・身体運動科学、筋生理学の専門家で1981年ボディビル世界選手権3位
の石井直方先生なので信じることにしました。
その昔、本気でボディービルをやっていたときに一度会ったことがありますが・・。
石井先生は覚えてるはずはないですね(苦笑)

で三週間だけの結果ですが、いつも肩から首にかけての僧帽筋の疲労感が慢性化していて
自分で押さえてもかなり痛みがありましたが・・・無くなりました。

トレーニングをしていたら仕方がないと思っていたのは大間違い(^^ゞ
それと歩くときの歩幅が自分で分かる程広くなった。
またストレッチが終わった後は血行が良くなったが分かる。何か筋線維の中を血液が流れて
いる感覚です。

で、分かったことはストレッチは全身をして初めて、その効果が体感できること。
部分だけでは効果はイマイチ分かりにくい。


最後に注意点としてはストレッチはゆっくり伸ばし「痛気持ちいい」ところでとめる。
無理やり強く伸ばすと筋肉はそれ以上伸ばされまいとして逆に縮もうとして怪我しますから。
それと毎日しないとダメみたいですよ。

今では毎朝、治療院でラジオ体操とストレッチをするのが楽しみになりました(笑)













blog-banner01.gif
posted by koudou at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/151095474

この記事へのトラックバック