2015年06月27日

太陽は動かない・森は知っている。

太陽は動かない・森は知っている
二冊一気読みしました。

11232077_837484523001411_4531526050072033983_n.jpg

吉田修一氏の本は初めて読みましたが面白いですね。

まず太陽は動かないを読んだ。
簡単に言えば産業スパイの話ですが、これがなかなか予想がつかないストーリー展開でページを捲る手
が止まらない。登場人物の描き方も細かく味があり読んでいて飽きない。

だいたいの本だと結末の予想がつくものだが、これは最後まで分からなかった。

森は知っているは主人公の生い立ちや過去の一人前のスパイに成長するまでの話。
「太陽は動かない」の中での主人公のイメージが崩れました。スパイ小説と言うより、どちらかと言えば
青春小説かな??もちろんこれも一気読みでした。

スパイ小説のジャンルは読んだことがなく、免疫?がないので強烈に引き込まれました(笑)

二冊読むと面白いですよ。












blog-banner01.gif
posted by koudou at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/146281737

この記事へのトラックバック