2015年04月14日

その女アレックス 読みました。


何でも話題になっているようなので(もう遅い?)読んでみました。

主人公のアレックスがパリの路上で極めて暴力的に誘拐されるシーンから始まります。
誘拐されてから檻に監禁される部分の話は結構長いが重要なポイントと後で気が付いた。

各章ごとにアレックスの行動と捜査側の行動が繰り返されるので進展が分かり易く読みやすい本でした。
この各章ごとの繋がりがどうなっているのか最初は全然分からない・・がそれが後半になって凄みを増す。

主人公は勿論、それぞれの登場人物の印象が読み進めるうちに何回も変わってしまう。
こんな流れの本は初めてのようか気がする。

そして最後の最後の展開が物凄い!
誘拐事件で始まったストーリーは異次元の世界に発展します。

これ以上書くのは、これから読む方のために止めときます。

オススメの一冊。

DSC_0054.jpg







blog-banner01.gif
posted by koudou at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119522878

この記事へのトラックバック