2021年07月04日

コロナワクチン接種中止の嘆願書 医師ら450人が記者会見


【接種中止嘆願書】
発起人・ウィスコンシン医科大名誉教授
高橋徳医師
2021年6月24日
医師390人と地方議員60人
参議院会館101号室。

【内容】
死亡率が低く感染者80%が軽傷にも関わらず
安全性もまだ分かっていない遺伝子ワクチン
国民全員に接種させる必要があるのか疑問。

治験が終わっていない、接種後に356人の方が
亡くなっている。

【加藤官房長官】
開発まもないので現時点での長期の有効性データ
は十分に得られていない。
{これについては厚生労働省のHPにも書かれている}

コロナワクチンは未承認ではないが{特例承認}
なので事実上の治験中。

ファイザーのワクチンは2023年5月で治験が終わ
ることになっている。
現在は治験中である。


【疑問?】
医師390人と地方議員60人が記者会見を開いたが
記事にしたのはサンスポのみで新聞・TVでの報道
はない。

公平な報道とは客観性の確保と公共性がある。
PCR陽性者を感染者と伝えるのは虚偽の報道。
コロナ死を発表するが、これからもワクチン
に関わる死亡は発表しないのか?













sakuramb.png
posted by koudou at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記