2019年01月31日

メガビタミン入門 1・2・3

前回のブログの続きです。
三石氏の本は確かに難しい。
が、なんとそれを分かりやすくして頂いたのが藤川徳美先生で
そして更にビタミンやタンパク質について非常に分かりやすく
書いてくれたのが小西伸也先生でおすすめがこの三冊。
これはやさしく書かれているので一般の方にはオススメです。

IMG_4754 (002).jpg

〇メガビタミン入門1
@タンパクが少ないと40代でおばあちゃん
A個人差・体質差はどこから?どうして同じ食事で病気になる人、ならない人がいる?
BATP(鉄・ビタミンB・C・E)でお金持ち、楽して稼ぐ方法
Cスカベンジャー 老化なんてゆるせない
D糖質は毒なの?ごちそうなの?栄養なの?
Eデドックスとオーガニック
F肉食でも腸内環境改善 1日3回 バナナ便
I病気は人を育てる J100年の栄養失調 K健康自主管理 
L癌 風邪 アレルギー M各ビタミン・ミネラル

〇メガビタミン入門2 症状・病気編
膠原病・家庭内暴力・吃音症・アトピー・過食嘔吐・頭痛
肩こり・腰痛・無月経・不妊・PMS・生理痛・若はげ・脚の浮腫
O脚・花粉症・高血圧・心疾患

〇メガビタミン入門3
糖質制限とメガビタミン
1.これで失敗を防ぐ 糖質制限前の準備
2.糖質制限で失敗して人 具体例
3.メガビタミン・分子栄養学での失敗
4.糖質制限で足りなくなる栄養
5.糖質制限で怠い 疲れる 脱毛 低T3症候群
6.尿酸値 7.脂質異常症 8.糖質制限で太った
9.糖質制限は不味いよ、お米が食べたい
10.糖質制限への批判への反論
11.ビジネス商法にひっかからないために
12.治ったか治らなかっただけが問題 
13.時代は変わる




私自身ホント助かります(笑)
またこの本を読んでメガビタミンを始める方も増えるでしょう!

自分の身体は自分で守るもの。
医者任せではダメです。薬は症状を抑えるもので治すのもではありません。

ネットの情報もいいけど、いい加減で無責任な内容の情報も非常に多い。
不安になりますよね〜〜(-_-;)

正しい知識を持って健康に生きましょう(^^)/












sakuramb.png
posted by koudou at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介

2019年01月30日

分子栄養学のすすめ・高タンパク健康法・ビタミンC健康法・ビタミンE健康法

分子栄養学のすすめ・高タンパク健康法・ビタミンC健康法・ビタミンE健康法
著者:三石巌氏

前回ご紹介した「アスリートのための最新栄養学」は読み進めると以前読んだ
藤川徳美氏の話も書かれており、そしてそのベースが三石巌氏の書籍だと分かり
【芋ずる式】に買いあさりの読みまくりです。

49801116_1992459720837213_710908656190750720_n.jpg

〇分子栄養学のすすめ。
基本的に分子栄養学は自分の健康は自分で管理しようというものです。
この本では分子栄養学のメカニズムを詳しく解説しているので興味の
ある方はまず読んでください。

〇高タンパク健康法
1.高タンパク職の奇跡
2.高タンパク食はなぜ必要か
3.タンパク質の立体構造
4.酵素、ビタミン、ホルモン
5.ストレスも風邪も肥満も追放
6.筋肉も骨も強化する
7.頭の健康管理にも
8.老化懸賞や公害病の救世主
9.高タンパク食生活の心得

〇ビタモンC健康法
1.ビタミンCにまつわる人物
2.さらば風邪薬
3.必要なビタミンCの量
4.ビタミンC不足で長引く骨折や外傷
5.抗ウイルス作用と抗菌作用
6.ガン・動脈硬化・糖尿病
7.公害病・精神病・老化とビタミンC
8.不妊症・白内障・アレルギーなど
9.酸素の変わり種
10.私とビタミンC
11.総 括

〇ビタミンE健康法
1.生命の謎を解く鍵
2.ビタミンEとその周辺
3.病気とビタミンE
4.メガビタミン主義

内容は難しいですが、素晴らしい内容。
おもしろくてすべて一気に読みました。
サプリに興味がなければ最後まで読み切ることは多分無理。

でも、あるなら絶対にオススメです。
ビタミンでここまでのことが出来るのかと少し驚き、またその摂取量
に再度驚きましたが実際に試してみると体調がどんどん良くなるのが
体感できます。





sakuramb.png
posted by koudou at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介

2019年01月29日

ウエイトトレーニング【理論編と実践編】 著者・山本義徳氏

長年、ウエイトトレーニングを実践して怪我に悩まされたり
停滞期に入り抜け出せない方に特にオススメ!



46069840_1915162335233619_1161684324517412864_o.jpg

〇理論編
第一章:筋発達のメカニズム
第二章:トレーニング頻度を考える
第三章:最適のセット数を考える
第四章:レップスの科学とTUT(テンポのことです)
第五章:最適インターバルは?
第六章:プログラミングの実績
第七章:追い込むためのテクニック
第八章:伸ばしていくためのテクニック

〇実践編
この本では第一章から第八章まで各部位に分けて実際のワークアウトの
画像を載せて細かく解説。また初心者から上級者向きの実際のプログラム
も載っています。

何十年もウエイトトレーニングを行い、それなりに色々な情報も集めて
実践してきましたが、今回は全然知らなかったことばかりで嬉しいやら
悔しいやらで完全保存版に決定!!


で、アスリートのための最新栄養学(上・下)も続けて購入。
これがすごい情報の宝庫。

IMG_4440.JPG

アスリートのための最新栄養学(上・下)著・山本義徳
上巻
part1
第一章:炭水化物とはなにか
第二章:インスリンの働き
第三章:糖化は老化
第四章:食物繊維の働き
第五章:甘味料について
第六章:カーボアップ
part2
第一章〜第三章:タンパク質とはなにか:合成:分解
第四章:プロテインについて 第五章:酵素とコラーゲン
第六章:アミノ酸とはなにか 第七章:BCAAとEAA
第八章:グルタミン 第九章:アルギニンとシトルリン、オルニチン
第十章:その他アミノ酸やアミノ酸類縁物質 第十一章ペプチド
part3
第一章:脂肪とはなにか 第二章:脂肪の合成と分解 第三章:エイコサノイド
第四章:それぞれの脂肪酸 第五章:ケトン体とはなにか 
第六章:糖質制限ダイエットの科学 

下巻
part4
第一章:ビタミンの働き 第二章:ビタミンA 第三章:ビタミンB群
第四章:ビタミンC 第五章:ビタミンD 第六章:ビタミンE 第七章:ビタミンK
part5
第一章:ナトリウムとカリウム 第二章:カルシウム 第三章:鉄
第四章:亜鉛 第五章:マグネシウム 第六章:その他ミネラル
part6
第一章:老化のメカニズムと活性酸素
第二章:活性酸素の除去システム
第三章:代表的なスカベンジャー



「アスリートのための」とありますが、そうでない方にも充分お役に立つ内容。
「バランスの良い食事を心がける」ってよく聞きますが、そのバランスって具体的に説明できませんよね!?
重要なのはバランスではなく栄養素それぞれの「絶対量」であってバランスそのものに意味はない。現代人はカロリー不足はありませんが栄養素不足の人ばかり。

また、1時間も2時間もジムでトレーニングなんて無駄です。
素人に毛が生えた(中には毛も生えてない)ようなアスレチックトレーナーが多いのが現実。
あまり信用できないので、この本でシッカリお勉強してして下さい。








sakuramb.png
posted by koudou at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介

2019年01月11日

2019年・脇浜戎大社

1月10日は脇浜戎大社にお参りしてきました。

午前中は毎年空いてます。

臨海線側からの入り口。

IMG_4630-photo-full.jpg

IMG_4615-photo-full.jpg

正面から。

IMG_4613-photo-full.jpg


貝塚のゆるキャラのつげさんもお仕事?みたいです。

IMG_4614-photo-full.jpg



これって昨年あったかなぁ??
自分の十二支を撫で回しました(^^♪

IMG_4612.JPG

まぐろに賽銭を貼ると「お金が身につく」らしい!
これも多分、昨年からだと思う。

IMG_4610.JPG


今年はコレ。
一万円なり。

IMG_4631.JPG

さて今年も頑張りましょう!!








sakuramb.png
posted by koudou at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月04日

2019年・本年もよろしくお願いいたします。

2019年が始まりました。

今年も元旦からお天気が良かったので初乗りノリノリ♪

湾岸線にて。


image20190104.png

昨日は4日からの営業に備えて細かい部分の掃除でピカピカ。


49701092_1983987778351074_2989836969376219136_n.jpg


本年もよろしくお願い申し上げます。








sakuramb.png
posted by koudou at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記