2018年11月28日

伊賀食堂〜宇陀路

日曜日は毎度おなじみの伊賀食堂へ。
伊賀食堂の話は10月末のブログで書いてあるので詳細は省略(^^ゞ

集合は針テラス。

IMG_4250.JPG

これだけバイクが多いと駐車場の中で飛ばす「お馬鹿さん」が時々います。
この日もいました・・・馬鹿ですね。

今回はこの4台。

IMG_4253.JPG

先月の伊賀食堂ではミックス4人前&うどん3玉でお腹がはち切れそう
だったのに今回は何故かほぼ同じ量なのに腹六分ぐらいの感じ。

食後は日の短さを考慮して道の駅「宇陀路 大宇陀」付近を散歩して
解散することに決定。

IMG_4256-photo-full.jpg

伊勢本街道・酒蔵通りっていうのでしょうか?
よく立ち寄る道の駅で伊勢本街道は知っていましたが
昨日はたっぷり時間があったのでのんびりと散策。

グリーンの矢印の通り

map.png



久保本家酒造・お土産買えます

IMG_4258.JPG

久保さんの前のおうち・・いい雰囲気
IMG_4259.JPG


百貨店です!いい感じです。こんな店、好きな方いますよね!?

IMG_4261.JPG



こんな看板を発見したので寄り道。

IMG_4264.JPG

ちょっとだけ階段あります。

IMG_4266.JPG

登りきるとコレ。

IMG_4268.JPG



宇陀市松山地区まちづくりセンター「千軒舎」

IMG_4282.JPG

中を案内していただけます(無料です)
とても親切に説明していただけます。
IMG_4278.JPG

IMG_4279.JPG

IMG_4280.JPG


登録古民家と書いてあります。
IMG_4287.JPG

いい雰囲気ですよ〜。

IMG_4284.JPG

IMG_4286.JPG


IMG_4288.JPG


IMG_4289.JPG

IMG_4290-photo-full.jpg


趣のある街並みで三連休最後の日曜日ですが人は
殆どおらずカメラで街並みを撮影している方が一名。

昭和って感じでよかった(^^♪




sakuramb.png
posted by koudou at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク

2018年11月10日

2018年・高野山の紅葉



11月8日に高野山へ行ってきました。

今が見ごろみたいですよ!

この一週間は気温もあまり下がらないようなので

【行くなら今です!!】

途中、道の駅紀の川万葉の里で休憩。

IMG_4178-photo-full.jpg

自宅から高野山までは休憩する程の距離はありませんが
ここの道の駅が好きなので♪

高野山です。

IMG_4179-photo-full.jpg

IMG_4180-photo-full.jpg

IMG_4180-photo-full.jpg

IMG_4185-photo-full.jpg

IMG_4195-photo-full.jpg

IMG_4196-photo-fullgg.jpg


今が見ごろ。








sakuramb.png
posted by koudou at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月08日

犬の咬みグセ解決塾


7月からワンちゃんが家族になった話はブログに書きました。


7月の初旬、生後一ヶ月で我が家に来ました。


とてもかわいい!

けど、

「中型犬」との予想をサックっと裏切り


見事に成長を続けている・・。


fuku.jpg


とてもかわいい!!


けど


困ったことに噛みグセが治らない(笑)





で、この本を買ってみました。


IMG_4173.JPG



咬みグセがあるなしに関わらず愛犬家なら是非、読んで欲しい本です。


第1章:犬のしつけの迷信と真実
第2章:犬の心の発達と問題行動
第3章:咬みつきの原因は「脳」にあり
第4章:犬にとっての「ストレス」とは何か?
第5章:攻撃行動はいかに学習されるのか?
第6章:「遊び」咬みの解決法
第7章:「本気」咬みの治療法



今迄の自分の中の「犬」に対する常識が間違いだらけだったと知る。

●飼い主がリーダーになる
●咬まれたらマズルをつかんで叱る
●上下関係をわからせる

これらの俗説は全部間違いです。

犬が咬む行動をとるのは「劣悪な環境下での繁殖育成」の問題や「社会化の」欠如。
先天的・後天的な「脳機能」の問題、「身体疾患による心身の不調」などが関係している。

多くは不安や恐怖が背景にあり咬むことで「不安や恐怖」から逃げれることが出来たという
【負の強化の学習】を積み重ねた結果である。

まして脳機能の問題や身体疾患による不快感から咬むのは、しつけの問題とは全く違う。

犬のしつけの俗説のほとんどが根拠のない、いい加減ものでそれがかえって犬の攻撃行動を
悪化させることも知りました。
咬まれたら手を口の中に押し込め!なんてとんでもない話。

人間の都合のいいようにするのが、しつけではないことがわかり、感心すると共に大いに
反省しました。

今まで何の疑問も持たずに何匹もの犬と暮らしてきましたが、今回咬みグセのある子と
縁があり、只今勉強中です。

ほんと

とてもかわいい!!!


只今、パピークラス通学中です!(^^)v







sakuramb.png
posted by koudou at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介

2018年11月01日

ひざ・股関節の痛みは週1スクワットで治せる!

とてもいい本だと思います。

IMG_4139.JPG

1つめの勘違い「痛かったら安静に」
2つめの勘違い「画像診断は絶対正しい」
3つめの勘違い「注射をすればよくなる」
4つめの勘違い「痛み止めやマッサージで痛みが治る」
5つめの勘違い「痛いのはバランス(姿勢)が悪いからだ」
6つめの勘違い「歩けば筋力がつく」
7つめの勘違い「高齢者に筋トレはよくない」

痛いからと言って安静はダメだし病院で画像を撮ってもらっても9割近くは
原因不明、注射は楽になったような気がする程度で効かない。
痛み止めも同じだしマッサージは下手すると【悪化】する。

猫背矯正とか流行ってるけど、これも根拠のない【ウソ】で万人に当てはまる
正しい姿勢なんかない。

歩くのは日常生活の延長程度の運動量で筋力は全くつかない。
筋トレは年齢に関係なく非常に有効です。

これって、いつも僕が患者さんい伝えていること。
筋トレは正しく効率よくやらなければ意味がありません。
またワタクシは筋トレ歴が40年近くになりトレーニングの有効性は
身をもって経験済みですしトレーニングは継続中!

ワタクシがご指導させていただきます!2018年10月撮影・ちなみに昭和32年生まれ

IMG_4017.JPG

痛みの無限ループについても書かれています。
【医者に痛みを訴える→整形外科医が筋力不足と判断→リハビリに筋力アップを指示→理学療法士に丸投げ→リハビリで筋力アップにつながらない程度の運動療法をする→筋力がつかない→痛みが取れないと医師に訴える】

まさにその通りだと思います。


整形外科の先生がこういう考えを持ち、尚且つ筋トレを「実践」して書かれています。
筋トレの方法も分かりやすく載ってます、絶対「買い」です!!






sakuramb.png
posted by koudou at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介