2017年07月28日

カメラマウント


「想い出」は写真より動画だそうです。

コンツアーをヘルメットやハンドルに付けていましたが、
それでは、他人ばかりが写り肝心の自分が全然写らない。

その事に長年かかり気が付いた(苦笑)

自分も映り込み景色も仲間も写る方が思い出になりますよね。

トップケースに付けてみました。
IMG_1114.JPG

IMG_1113.JPG


これだと高速道路ではちょっとしたギャップでも踏むとケースが
揺れるので画像が揺れて気持ち悪い。

アングル的にはこんな感じでいいんですけど(^^♪
下道仕様かなぁ。。。。

top.jpg

キャリアステーにも取り付け。
IMG_1112.JPG

IMG_1111.JPG

これは高速走行でも全然ぶれません。
アングルは若干低いかな。

ky.jpg



またツーリングが楽しくなりそうです。









blog-banner01.gif
posted by koudou at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク

2017年07月24日

GIVIのスペアキー。


先日GTRのFobキーを落としそのときGIVIのキーも一緒に付けていてので失くしました。

GIVIの予備キーはひとつだけなのでシリンダーを交換したのですが、何となく不安(^^ゞ。

ネット検索して色々調べましたがGIVIのキーを作ってくれるところは無いようです。

他のスペアキーを作ってもらいに「鍵の救急車・南海岸和田駅店」へ行ったとき聞いてみると
出来るとのことでお願いしました。

110.jpg


お値段が微妙です(笑)
特殊キーなので普通のスペアキーの倍ほどのお値段。。。。
シリンダー交換だと1200円(税抜)
このスペアキー1100円(税抜)

image1givi.JPG

GIVIのキーをなくしてシリンダー交換しようかと迷ている方の参考になれば(^^ゞ










blog-banner01.gif
posted by koudou at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク

2017年07月20日

セミナーを受けてきました。

先日の日曜日はセミナーでした。

4DS減腔プラクティショナーの認定試験を受け無事に合格しました。


人間は加齢と共に胸郭が拡張します。

胸郭が拡張するとウエストのくびれがなくなり広がったスペースに
内臓脂肪が溜まりやすくなります。

gen.png


そうなるとダイエットを頑張っても何となくウエストが細くならない。

また胸郭が拡張すると心臓の収縮に負担がかかったり呼吸機能も低下します。

それをうつ伏せや上向き横向きで寝てもらって肋骨に適切な方向から圧を加え
調整します、これを減腔(げんくう)と言います。

肋骨はデリケートな部分なので下手に押すと折れます。

なので試験は厳しく行われました・・・オモシロかったけど疲れました(苦笑)

genqoo.jpg

減腔を行うことで内臓機能の向上、肥満防止などが出来ます。


4DS減腔プラクティショナーと4DS姿勢分析師の認定を持っているのは

泉州地域では唯一、当院だけです。

これからもセミナーを受けて患者さんにどんどん還元します。












blog-banner01.gif

2017年07月17日

人生を変える幸せの腰痛学校。


人生を変える幸せの腰痛学校。
世界初!読んで治す、腰痛改善物語です。

image1.JPG

読んだだけで腰痛が治るのかと問われれば・・・はい治ります。
僕は2010年9月に人生で最高級の腰痛に見舞われました。

仕事がら腰痛についての勉強はしていたので恐怖や焦りはなかった。
もし、カイロプラクティックの仕事には就いておらず腰痛についても何も知らなかったとしたら
会社は長期休むことになっただろうし手術も受けたかも知れない。

そのぐらいキツイ腰痛だった。

仕事仲間数人にも施術をお願いしたが、すぐにこれは自力で治すしかないことに気が付いた。

「読書療法」については以前から知っていたが、このときはそれを試す絶好の機会だと思った。

色々読んだ中で自分的に一番効果を感じられたのが「心はなぜ腰痛を選ぶのか(サーノ博士の心身症治療プログラム)」


腰痛発症から三ヶ月目のある日、す〜っと腰から痛みが消えたの時の快感を今でも思い出す時がある。
僕の場合は徐々に楽になったのではなくいきなり「す〜っと」痛みが消えた。

あれから約7年、ギクッ!と腰に強烈な痛みが来ることも2〜3年に一回ぐらいあるが半日ぐらいで
痛みはほぼなくなる。

患者さんに「先生は自分が調子悪いとき、どうやって治すの?」と良く聞かれますがコレ↑です。

読書療法が効くことは僕が実証済みです(^_-)




腰痛に対する正しい知識・情報を理解し考え方を変え心や脳のあり方を
変える認知行動療法は科学的エビデンスに裏付けられた効果的な方法です。

またこの本は小説形式で書かれており非常に読みやすい。

「心はなぜ腰痛を選ぶのか」は若干内容が専門的なので読書が得意でない人は最後まで読み切れないかも。

「人生を変える幸せの腰痛学校」は読みやすいどころか小説としても面白く「鳥肌が立ったり」「うるっ」ときたりで、一気読みでした。

オススメの一冊です。



blog-banner01.gif
posted by koudou at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介

2017年07月10日

GIVIシリンダー交換

一週間程前GTRのFOBキーを落としたときGIVIのキーも一緒に落としまし。
スペアキーはひとつだけしかついていないので・・・初めからキーは三つ付けて欲しい。

GIVIのスペアキーを作ってくれる鍵屋さん、ほぼ無いそうです。

なので昨日はシリンダー交換をしました。
必要な物:ラジペン・プラスドライバー・グリス
これで、スペアキーは確保。

税別1200円でシリンダー・キー二個・留め金がセット(安い!)

2017-0700.JPG

この赤枠の部分を外します。

201707-1.jpg

中のボルト4か所を緩めれば簡単にキーの部分が外せます。

201707-2.jpg

201707-3.JPG


シリンダーの後ろの部分の留め金をラジペンで外します。

201707-4.JPG

グリスでベタベタなのでグリスを拭き取り作業した方が楽です。


右の丸い部品を外すと小さなボールベアリングがポロリと落ちたりスプリングがピョンと飛んだりする可能性大!! なので作業は部屋の中でやりましょう。ガレージ内でやるときっと後悔します。

201707-5.jpg


新しいシリンダー交換は実に簡単、入れ替えるだけ。
シリンダーケースには突起が付いているので方向は間違わないと思います。

201707-6.jpg

元々グリスを塗ってあった部分にグリスを塗り直して終了。

取り付けは少々強引にガチッとはめ込みました(少しビビりました・・汗)


















blog-banner01.gif
posted by koudou at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク

2017年07月03日

1400GTRのFOBキーを落とす・・・。

昨日は陽気に誘われ目的もなくバイクに乗り何気なく明石海峡大橋を見たくなり淡路島へ行きました。

暑くて熱中症になるんじゃないのぐらいの蒸し暑さ。
コンビニで休憩すること数回。

まあバイクは乗ってるだけで楽しいので行先はどこでもいいのです。

洲本城へ行きました・・・なんにも無い(笑)




楽しく一日が終わるはずでしたが・・・・。





帰りに問題発生!!!





淡路から高速を乗り継ぐため一度芦屋付近で一般道へ降り交差点を曲がって数秒後に
赤の警告ランプ点滅と同時にパネルに「No Transponder」の表示。



ポケットを探るとFOBキーがない!しまった!落した!!



一瞬、胃のあたりがギュとなる。

Uターンして戻って探してもFOBキーが見つからないし交通量も多いので諦める。

GTRはいわゆるイモビライザーシステムを使っていてエンジンを一度切るとFOBキーがないとエンジンは始動できない。


おまけにFOBキーにはGIVIのトップケースのキーも付けていた。
トップケースには財布と、もう一つのキーホルダー。

そのキーホルダーには家の鍵・仕事場の鍵・ガレージの鍵・各スペアキーを入れてある金庫の鍵を付けている。

自宅に到着前にエンストでもしたらレッカーするしかないが、それでもトップケースのなかのキーは要る。

GIVIのトップケースを壊すか・・と思ったけどそう簡単に壊れそうにはない。

GIVIの鍵を開けるのは無理かなと思いながら東大阪カワサキに連絡すると「開けてみます」とありがたいお言葉。

芦屋付近から東大阪カワサキヘ。
壊すことなく見事に鍵を開けてくれました(感謝)

それは良かったのですが、もちろんキーを開ける作業中もエンジンは切れない。


カワサキ迄でこの日は300km程走行。

嫌な予感が的中!今度は燃料の警告表示(^^ゞ

燃料補給時はノブキーを抜かないとタンクのキャップが開かない。
エンジンを切らないと補給できないってこと。

カワサキから自宅までは43km。
燃費はリッター18kmぐらい・・・なんとも微妙でスリリング。

エコモードに切り替え何とか自宅に到着したのが4時半。
GTRは12時から4時間半エンジンをかけたまま、キーを開ける作業中も、蒸し暑い中アイドリングで30分ほど。

しかし水温は正常←凄いと変に感心(笑)




追伸

FOBキーはIDの枠が6つあり6個までキーが作れます。
この場合だとお値段二万円ちょっと。

6個を超えると新しいIDが必要になりシステムごと変更になるので10万円弱ぐらいらしい(怖い)


これからはFOBキーは首から下げてスペアキーも必ず持って行こうと反省。
貴重品はトップケースではなくサイドの純正パニアケースに入れること。


◎キーを落とすヤツってホントにバカだと思ってました。
どんだけ不注意やねん!って。
でもまさか普段から用心深い自分が走行中に落すとは・・・。


GTRのオーナーの方、気を付けて下さい。











blog-banner01.gif
posted by koudou at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク