2016年05月29日

スポスタ・デイトナのコンフォートナローハンドルに替えました。

スポスタ・デイトナのコンフォートナローハンドルに替えました。

本日もバイクネタですm(__)m
2010年式のXL1200Lですがハンドルの形状がイマイチ良くない。
だけどハンドル交換をするとブレーキホースやクラッチワイヤーの変更がある事が多い。
そうするとかなりの出費・・・ショップでしてもらうと10〜15万円ぐらい((・・;)

でもデイトナのコンフォートナローハンドルはホースやワイヤー類の交換は不要(^_-)
で、交換してもらいました。
ハンドルは5000円もしませんから(^_-)
工賃も知れてますが、ポン付できるから自分で出来る方はトライしてみては?

http://www.bikebros.co.jp/ec-parts/5_3_8_685379/

装着後の比較です。
正面から・・結構マヌケです(笑)

12074884_894739853942544_1830775226961482205_n.jpg

変更後、引き締まりました!

IMG_0877.JPG

横から。ノーマル。

IMG_0870.JPG

変更後・・ちょっと分かりにくい? 

IMG_0876.JPG


ノーマル。

IMG_0869.JPG

変更後。

IMG_0875.JPG




交換後は、抜群に操作性が上がりました。
・・・この感覚は・・・高校生の時に乗っていたCB750K2の雰囲気にそっくりです。

本日はハンドル交換の他にオイル交換や点検をお願いしたので、その間にXL1200CX ロードスター
に試乗しました!開発コンセプトは「カフェレーサー」だそうです。

ハンドル形状は独特ですね。

IMG_0871.JPG


上から見ると分からないけど横から見るとセパハンの位置。

IMG_0873.JPG



倒立フォークは滑らかな動きでコーナーのグリップが直接、肩から腕、背中に感じます。
かなり面白いバイクです。
パワー的には僕のXL1200Lの方が数段上に感じました(マフラーは交換してますが)
直進安定性は抜群によくて安心してアクセルを開けれます。
コーナーリングはやはりハーレーって感じで「操作しないと曲がらない」ようには感じますが
かなりスムーズでがセルフステアを直接的に感じることが出来て堪らない!

これは相当オモシロいバイクですね!
ただし「完全にマニア向き」かも(笑)




blog-banner01.gif
posted by koudou at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク