2016年02月29日

綾部山梅林〜相生市立水産市場ツーリング。


2月最後の日曜日、梅林を見に行こうとお誘いをもらい、うきうきと集合場所の泉大津PAへ。

IMG_0356.JPG

阪神高速湾岸〜兵庫県たつの市の「綾部山梅林」へ。

晴天、湾岸線快走。

20160228asa.jpg


綾部山梅林。http://www.ayabeyama.jp/

バイクは路駐です。

IMG_0357.JPG


入園料 大人500円・子供400円 甘酒もしくは梅ジュース付き。

駐車料 普通車500円 バイクは路上なのでタダ(^_-)

来週が見頃らしいデス。

ここで甘酒か梅ジュースがもらえます。僕は遠慮しときました(^^ゞ

IMG_0362.JPG

IMG_0361.JPG

11時頃までここをうろつきました、結構広いです。

IMG_0364.JPG

IMG_0365.JPG

IMG_0368.JPG

IMG_0369.JPG

IMG_0371.JPG

ここから相生のとれとれ市場(相生市立水産市場)へ。

IMG_0373.JPG

食べたのはこれ。
アナゴに2本と海老1匹、サーモンの刺身。1500円

IMG_0374.JPG

多そうですがご飯は丼の底に少しだけなので食べれます。

が、しかし待ち時間50分は・・ちょっとね〜。




帰りです。

Yくんの車載カメラにピース(^^)v

20160228jj.jpg

Kさんも車載カメラにポーズを取ろうとしたので頭パチン(笑)

20160228yukimoto.jpg

帰りは姫路・別所PAで休憩→泉大津PAで解散。

別所PA

C7A08F60-11A0-4E6C-A130-CEEC7C6A2F4F.JPG

いいアングル!

20160228kaeri.jpg


泉大津手前で堺在住のMさんとバイバイ〜。

20160228kaerimurata.jpg

遅いバイクは抜くのです!!

20160228j.jpg

泉大津PAでぐだぐだする時間がとても大切なのです。

1E0DA9DA-1846-48C4-A6F5-899CD2163BAB.JPG


お天気もよくて、寒くもなくて、ホント「スッキリ」しました。

やっぱバイクはいいわぁ。

今回のルートです。














blog-banner01.gif
posted by koudou at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク

2016年02月26日

問診・検査・カウンセリング。


新しいパンフレットが届きました。

image120160226.JPG

以前の物とは内容が若干違います。

出来るだけ伝えやすくするために内容は時々変更してます。

新患の方にはこのリーフレットも渡しています。

image220160226.JPG

カイロプラクティックについて詳しく書かれています。

自分が受けている施術の内容を理解することで効果は上がりますので(^_-)

読んでると結構、オモシロいです←自分だけかも知れませんが(苦笑)

施術は勿論ですが、問診、検査やカウンセリングはしっかりやりますよ!

ご質問にも何でもお答えしますので、安心してご来院下さい。














blog-banner01.gif

2016年02月22日

ダイエットについて・糖質制限。


糖質制限は元々ダイエットのためのものではありません。

糖尿病患者の食事法です。

糖質制限をすることが、どれだけ体にいいのかが書かれています。

糖質以外は食事量を減らす必要はまったくありません。

結果として殆どの場合体重が落ちます。


自分でも試しました。

元々、炭水化物はあまり摂らないのですが、更に糖質制限を

したところ、3kg知らぬ間に落ち、体調もすごく良くなってます。

タンパク質と脂質の摂取量は逆にかなり増やしてます。


今までの○○式ダイエット等とはレベルが違い過ぎます。

20160221book.JPG

・断糖のすすめ 著者:西脇俊二氏
・糖質制限の真実 著者:山田悟氏
・炭水化物が人類を滅ぼす 著者:夏井睦
・江部先生、「糖質制限は危ない」って本当ですか? 著者:江部康二氏
・医療の巨大転換を加速する。著者:江部康二氏と夏井睦氏

全員、医師で糖質制限をずっと行っています。


医学会にはエビデンス(科学的な証拠・根拠)というのがあって

権威ある医学雑誌に掲載された論文であるかどうかも重要なファクター。

@が最もレベルが高くHまで。

@が無作為化比較実験でHが実証研究報告に基づいた権威者の意見。

実質Hは「エビデンスはない」ことになります。

糖質制限食は「20年間で8万2802人を追跡した研究」において権威ある医学雑誌で高い評価を受けいます。



※ついでに・・・。

「○○大学教授がオススメ!」はレベルHよりはるかに下で信頼性ゼロ。

テレビでやってる「これで痩せる!」はもっとウソ・・だけど信じる人が多い。



本の内容ですが。

西脇氏の本が一番読みやすいと思いますが、もう少し詳しく知りたい方は山田氏の本がいいと思います。

夏井氏の本では「食物カロリー数の諸問題」が載っていますが、食物カロリーの算出法を知って唖然としました。

また「ブドウ糖から見えてくる生命体の進化、諸相」「糖質から見た農耕の起源」の章は糖質制限食を理解する上

で大変、役に立ちました。また大胆な仮説が非常に説得力があり興味深い。


江部氏の本では多くの研究論文を紹介しながら糖質制限食バッシングに的確に答えを出しています。

内容は医学的に、かなり詳しく書いてあるので信頼度が高いですが少しだけ読みづらいかも。



○ちょっとやってみるかな〜って方には

・断糖のすすめ 著者:西脇俊二氏
・糖質制限の真実 著者:山田悟氏



○詳しく知りたい方は(この二冊が一番オススメです)

・炭水化物が人類を滅ぼす 著者:夏井睦
・江部先生、「糖質制限は危ない」って本当ですか? 著者:江部康二氏



○何故、この方法が医学会に広く受け入れられていないのかが知りたい方は

・医療の巨大転換を加速する。 著者:江部康二氏&夏井睦氏


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・三大栄養素・炭水化物50〜60%・タンパク質15〜20%・脂質20〜25%

これについては、まったくエビデンス(科学的根拠)がない。


・食品カロリーは気にしなくいい。


・必須アミノ酸や必須脂肪酸はあるが必須糖質と呼ぶべき物質は存在しない。

国際食事エネルギーコンサルテーショングループの報告によれば炭水化物(糖質)の理論的

最少必要量はゼロ。したがって糖質制限でブドウ糖不足を起こし病気になることはあり得ない。


・脂肪が体につくメカニズム。

・糖質が体にもたらす害。

・ケトン体とういエネルギー源




以上がよく理解できます。



※片手落ちになってはいけないと思い、糖質制限に反対派の本も2冊読みましたが
エビデンスの欠けらもなく幼稚園児が大学生にケンカ売ってるレベルでした。





糖質制限をしようと思う方へ。


本は買って読んで下さい。

全ての本には食べてOKな食品・控えたい食品・避けたい食品の一覧があります。

まさかこの食品に糖がこんなに入っていたとは!とびっくりしますよ。

また、読めば不安もなくなります。














blog-banner01.gif
posted by koudou at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2016年02月16日

ダイエットについて。

ボディービルを36年以上続けてきて減量と増量を繰り返してきた

自分なりの考えを体験を元に書きますね〜。

身長180cmちょっとあります、過去の最高体重量90kg

その時の胸囲125cm、ウエスト80cm。

過去の記録。

ベンチプレス:160kg
スクワット:200kg
デッドリフト:200kg

※公式戦で出した記録ではありません。



現在、体重65kg、胸囲110cm、ウエスト70cmのオッサンです。

workoutは36年間継続中です。

年齢59才、体脂肪7〜10%ぐらい。←体重計での数値ですからアテには出来ませんが。


◎ダイエットについて

春先になるとぼちぼちダイエットの話題などがでます。

夏までにお腹周りをどうにかしたいとか二の腕のたぷたぷをとりたいとか・・。

ダイエットを始めるにはそろそろ、開始時期かもしれませんね。


ダイエットにはそれなりの覚悟が必要ですが<それなり>です。

すごい覚悟がいる訳ではありません。

が、しかし簡単に体重を落とせる方法はありません。


好きな物を好きなだけ食べて痩せるとか、痩せるサプリとかはこの世にありません。

痩せるツボも同様に効果があるとは考えられない。

そんなものがあるなら肥満に起因する多くの疾病に対して医療現場でとっくに使われているはず。




よく聞くのが「○ヶ月で○○kg落す!!」

・・・体重を落とせばいいのですか?


m004-055.jpg


体型はどうでもいいのでしょうか?


よくある「身長に対する体重」なんか意味ありません。

同身長・同体重で体型が同じなんてありえませんから。


体重だけ落して痩せてガリガリで・・それってかっこいい?



多少、体重があっても

・肩幅があって、肩のラインが綺麗。
・背筋が伸びている。
・ウエストがくびれている。
・膝と足首が引き締まっている。
・ヒップが上がっている。

この方が「断然、かっこいい!」


体重を数値的に落としたい訳ではないと思います。

気になるのは体重計の数値ではなく他人からの視線ではなでしょう?


「かっこいい体」になりたいのでは?


体重の数値を目標にするから続かないのです。


かっこいい体型を目標にすればダイエットは続けられます。



かっこいい体型を目指すなら食事制限だけでダイエットは不可能です。

一時的には落ちますが、よほどの食事制限を継続しない限り、リバウンド

は必ずします(また太ります)


厳しい食事制限をずっと続けると「肉体」も「精神」も壊れます。


食べてもいい物と悪いもを判断しましょう。

総カロリー数なんか無視です。


食べる内容が重要。

タンパク質100キロカロリーと炭水化物100キロカロリーが体に与える影響が

同じだと書いてあるブログなども数々見ましたが、今までの経験から考えて

どうも信用できないので、自分で今年に入って色々と試しました。

(理論上の話はどうでもいいから、自分で試してから書いて欲しいですね〜)


タンパク質のみのと炭水化物のみでは全く違います。

炭水化物はやはり体重が乗ります。

人間の筋肉や皮膚、髪の毛や爪などにはアミノ酸は絶対必要です。

なのでタンパク質は最も重要な栄養素。

糖質・タンパク質・脂質のバランスが重要ですが長くなるので、ここでは書きません。

で、

ダイエットには運動はかかせません。

走ったりする有酸素運動よりworkout(筋トレ)の方が断然効果的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ダイエットに欠かせない筋トレ。

ウォーキングなどの有酸素運動だけではダイエットはうまくいきません。
体の筋肉の割合を増やせば熱生産効率が上がります。逆に筋肉が衰えたり活性
が低下すると熱生産が落ち代謝が低下します。

太りにくい体質、リバウンド防止に筋トレは欠かせません。
筋肉は血液中の糖をエネルギーとしていますので糖尿病の予防にも筋トレは有効です。

筋トレは脳の視床下部を刺激し成長ホルモン、性ホルモンなど様々なのホルモンの
分泌を促します。その結果、老化の抑制。免疫力や自然治癒力も向上します


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「いえいえ、筋肉はつけたくないから」と思われるかも知れませんが・・・。

ご心配は不要。

そんな簡単に筋肉は発達しませんから(^_-)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筋肉と言えばボディービルダー(^^)v

(僕もボディービルコンテストには数回出場しました)

彼ら、彼女らはトレーニング法だけではなく生理学、栄養学にも精通しています。

そして緻密な計画を立てて体を変えます。

なので、ボディービルダーはバカでは出来ません。

かなりの知識があって出来上がる体です。

だから、女性の方でworkoutしたからってゴツゴツな体にはなりませんから心配なし。

男性はちょっとは筋肉付けて下さいよ。

今は男性モデルも筋トレしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でね・・。


筋量や筋力が歳と共に落ちるから筋肉の上に付いている脂肪を

支えられなくなり「たるむのです」

二の腕や内モモ、お尻がたれる。

そう、結局、食事制限だけでダイエットすれば細くても体はたるみ

顔のシワも増え、老けて見られます。


10代ならまだ筋肉があるから大丈夫ですが、ある程度の年齢になると確実に老けて見えます。


それなら最初からダイエットなんかしない方がマシです。


やるならworkout(筋トレ)と正しい食事方法。


「体型を変える」


「たるまないようにする」


・肩幅があれば当然、ウエストは細く見えます。

・肩幅があり背筋が伸びれば、これもウエストは細くなりますし顔も小さく見えます。

・太ももの上部に筋肉があれば膝が細く見えます。

・ふくらはぎの上部に筋肉があれば足首は細く見えます。

・お尻に筋肉があればヒップは上がります。

これが出来るのはworkout(筋トレ)だけです。


追伸:無酸素運動の誤解。

1セット40秒以内(ぐらい)が無酸素運動。

ゆっくり、じっくり、しかも1セット1分を超える筋トレならそれは有酸素運動。

有酸素運動で筋肉は発達しません。

じっくりと1分以上かけての腕立てや回数重視で時間のかかるスクワットでは筋肉は増えません。

そして筋肉には48〜72時間の休養が必要。

毎日、同じ部分の筋肉の刺激は逆効果です。


ダイエットは根性でやり抜くものではありません「知識」です。


正しい食事法と正しいworkout(筋トレ)の方法を学びましょう。












blog-banner01.gif
posted by koudou at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2016年02月14日

LeeとCONVERSE比較・・そして靴紐。

本日は用もないのに日根野イオンへふらりと寄って靴を買いました。

うかつにも「30%OFF」のPOPに反応してしまいました。

ハイカットが好きなので今回もLeeとCONVERSE★を購入。


image20160214-3.JPG

でもハイカットは上まで靴ひもを通すと、履くときにメンドくさい(・・;)!

だからといって上まで穴に通さずに途中で結ぶと靴紐があまってブサイクだし

汚れるし、トイレなんかに行ったときイヤですよね〜。

なので毎回、120cmの靴ひもを買います。

靴紐は400円ぐらいです。

毎回、最初の靴紐は、なにかに使えそうなのでおいてますが・・・。


image20160214-2.JPG


使ったことありません(苦笑)・・・・・なので潔くポイっ!

Leeは足幅のある方向き、CONVERSEは足幅が狭い方向きみたいです。

自分的にはCONVERSE★です。

左がLee、右がCONVERSE★

追伸:20年前までは毎日、革靴でした、その時は26cm。
今は革靴はめったに履きません・・・で、27cmになりました(笑)

image20160214-1.JPG












blog-banner01.gif
posted by koudou at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月12日

モンステラの新芽がでました。


モンステラは育てやすくて、普通に水をやればまず枯れません。

今年は早くも新芽が出ました。

やっぱりかなりの暖冬みたいです。


IMG_0272.JPG


今週末から日曜日かけては随分気温が上がるようですね。

でも来週からは再び寒くなるようです。

昨日も暖かくて電熱ジャケットを着てバイクに乗っていると汗をかきました。

今年の正月も完全防備でバイクに乗った時は背中に汗が流れるほどでした。



今年は体調を整えるのが大変です。

・・・服装選びも大変です(笑)


体調を崩さないように気を付けて下さい。










blog-banner01.gif
posted by koudou at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 観葉植物

2016年02月11日

ドライブレコーダー?


今日はお天気がよくて絶好のツーリング日和。

どこへ行こうかな〜と考え中に、ふと・・あっ、、、最近、墓参り行ってない。。。


で京都の東山へ墓参りに行きました。


いつもは第二京阪で行くのですが本日は久々に名神コースで。

でも、やっぱり名神は路面が悪いし走りにくい。

20160211-00.jpg

いつも仲間とツーリングに行く時はビデオカメラを撮影に使いますが

本日はドライブレコーダー替わりにスイッチオンのまま走りました。

ヘルメットの横に付いているのがコンツアー(カメラです)

image2.JPG

京都の浄苑に無事に到着。

image1.JPG

ありがたいお写真を一枚。。。。。

image3.JPG

帰りは第二京阪を走りました。

往復、200km程でしたが、後で見ると案外オモシロいですね(^^♪


こんな場面に二回遭遇。

・・・・・おまわりさんご苦労様、ドライバーさんご愁傷様。

20160211-201.jpg

20160211-1.jpg


車種はクラウンが多いみたいですね〜白とグレーが多いみたい。

ナンバーもしっかり写ってますが、まさかココでは出せません。


帰りに岸和田SAで1時半ぐらいにお昼ご飯。焼き鳥とコーヒー。

IMG_0268.JPG

炭水化物をカットしているので外食が難しいです。

「定食」と名のつく物は殆どが炭水化物だらけ(苦笑)

これもタレではなく塩なら最高だったのに。。。


糖質カットとworkoutの変更をして一ヶ月を過ぎましたが

いい感じで体が仕上がってます!(^^)!

さてまた明日から頑張ります。










blog-banner01.gif
posted by koudou at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング・バイク

2016年02月05日

86,400ドルのプレゼント。


作者は不明だそうです。

かなり以前からあるお話だそうですが最近知って「いいな〜」と。



○86,400ドルのプレゼント・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




もし、こんな銀行があったら、あなたはどう利用しますか?


それは、奇妙な銀行です。


この銀行にお金を預けても、利子も付きませんし、お金を借りる事も出来ません。

しかし、その銀行は、 毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。

口座に振込むと同時に、あなたの財布に全て引き出され、それをあなたは自由に使う事が出来ます。

しかし、このお金は「魔法のお金」で、あなたが使い切っても、使いきらなくても、

24時間で消えてしまいます。




そして、0時になると、また86,400ドル振込まれます。これが毎日続きます。

あなただったらどうしますか。もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね?

この奇妙な銀行を、実は、私達一人一人が持っているんです。



それは「時間」という銀行です。



毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。

毎晩、あなたが上手く使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越されません。

それは貸し越しできません。



毎日、あなたの為に新しい口座が開かれます。

そして、毎晩、その日の残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を全て使い切らなければ、あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。

あなたは今日与えられた預金のなかから今を生きないといけません。




だから、与えられた時間に最大限の投資をしましょう。



そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大の物を引き出しましょう。

時計の針は走り続けてます。

今日という日に最大限の物を作り出しましょう。




1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。


1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみると いいでしょう。


1週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。


1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。


1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。


1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。


10分の1の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。




だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。




そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は与えられるものです。


だから、英語では今をプレゼント(present)と言います。


121654581.jpg













blog-banner01.gif

posted by koudou at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月03日

スターティング・オーヴァー読みました。


12669566_938518622898000_3049252587779095646_n.jpg

もしあなたの人生がやり直せるとしたしたなら、どうします?


主人公は輝かしい人生を歩んでいましたがクリスマスの日に・・・。

二十歳だった主人公はこの日に十歳だった時代の生活に戻ります。
なんと二十歳までの記憶を持ったままで。

<こんな好条件なら自分だったらアレコレ変えてしまうと思います。>

でも、幸せばかりの人生だった主人公は変えようとはしませんでした。



けどね、細部まで再現することは難しい。

なので人生は自分の予想に反し狂い始めます。


!バタフライ効果が、ふと浮かびました。

【ニュートン力学的法則に従うような系でも確率論的に
ランダムかのような振る舞いを起こし、なおかつ、初期値のわずかな差が
将来の状態に無視できない大きな差を発生させる現象があることが明らか
になった】

「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな話も同様にバタフライ効果ですね。

中盤で「あっ、そうなの!!」と鳥肌が立つ一行がありました。
(多分、ワタシだけ感じたのかも(^^ゞ

最後に主人公のとった行動が、なかなか素敵ですよ。

よくある話で「過去に戻れるとしたなら」←それを変えてはいけない
みたいな話ではなく、変えることで、どうなるのかがオモシロかった。

今日のちょっとした行動が将来を大きく変えるかもね・・・・。

そんなことを考えた一冊でした(^_-)
















blog-banner01.gif
posted by koudou at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍のご紹介